在籍確認なし

キャッシングの審査で勤務先や自宅に電話があるって本当?

キャッシングを利用する際、どの消費者金融も審査で「在籍確認」を行います。在籍確認とは、申し込み者が申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかをチェックすることで、基本的には電話で確認が行われます。

 

 

中には「会社にまで電話連絡があるのはちょっと...」という人もいるかと思います。しかし、消費者金融は融資している側ですから、お金を返してもらわなければなりません。嘘の勤務先を申告している人は、当然収入について

もごまかしている可能性が高く、返済能力についても疑わざるを得ません。

 

そこで、審査の最終段階として在籍確認が行われるわけです。

会社や自宅への電話なしでキャッシングする方法がある

在籍確認が必要なことが理解できても、やはり職場の人にキャッシングがばれるのは嫌ですよね?また、家族にも隠したい人が多いはず。

 

在籍確認自体は避けられないものですが、実は会社への電話連絡以外で在籍を確認してくれる方法があるんです。また、自宅への電話や書類の郵送を避ける方法も存在します。

 

これさえ知っておけば、在籍確認は怖いものではありません。むしろ、審査の最終段階で行われるものですから、ここさえクリアーできれば融資を受けられる可能性大だと思って下さい。

勤務先への電話を避ける方法

では、実際にどのようにすれば、会社への電話なしで勤務していることを確認してもらえるのでしょうか?

 

方法はいたってシンプル。

 

あなたが「この会社に勤めています」ということを証明できる書類を提出すればOKです。
具体的には、社員証社会保険証給与明細源泉徴収票など社名が入っている書類が良いでしょう。

 

 

申し込む前にこういった書類を用意して、消費者金融のスタッフに会社への電話連絡を避けたい旨を伝えて下さい。
全ての消費者金融が希望に沿ってくれるわけではありませんが、書類の提出で在籍確認としてくれる場合もあります。

自宅への電話や書類の郵送を避ける方法

次に、家族にキャッシング利用を隠したい場合、自宅へ電話があると困ります。
また、書類など郵便物が届くというのも避けたいですよね?

 

これも簡単に回避できます。

 

そもそも、消費者金融から自宅への電話というのは基本的にありません。申込み内容の確認で電話がかかってくることがありますが、これは申し込み時に連絡先として携帯電話を選択していれば問題なし。

 

あと1つ、返済が遅れているにも関わらず利用者と連絡がとれない場合に自宅へ電話がかかってくることがあります。でもこれ、逆にいうとキチンと返済していればかかってくることはないわけです。

 

また、郵送物に関してもWEBで申し込み、契約時に店舗やATMへ出向けば送られてくることはありません。ただし、カードの受け取りをうっかり郵送希望にすると、自宅へ送られてきてしまうので、注意が必要です。

会社への電話なしでキャッシング可能な消費者金融一覧

【プロミス】
WEB申し込みならカードの発行なしでキャッシングの利用が可能。
また、金利4.5%〜17.8%は大手消費者金融の中では最低水準。(初回契約時は、通常上限金利が適用される)
その他、「30日間無利息サービス」や24時間365日最短10秒で振込可能な「瞬フリ」など利用者にうれしいサービスも多数あり。

 

 
【モビット】
WEB完結申し込みなら、来店不要で契約まで全てがWEB上で完了し、カード発行なしでの利用ができます。
審査時間も最短30分で即日融資も可能。
また、ホームページ上の10秒簡易審査を使えば、本審査の前に融資の可否について目安を知ることもできます。

 

 

【アイフル】
通常のキャッシングの他、借り換えやおまとめ目的のローン、事業サポートプラン、女性用ローンなどサービスが多様。
また、返済日の翌日から35日後が次の返済日となる「サイクル制」など、利用者に合わせた返済方法の選択が可能です。

在籍確認がおこなわれるタイミングは?

キャッシングを利用することを周囲の人に知られたくない人にとって、気になるのが在籍確認のタイミングではないでしょうか。
タイミングさえわかれば、確実に電話に出ることも可能ですし、逆に自分は電話に出ないようにしたいと考える人もいるでしょう。
 
この在籍確認のタイミングとしては、審査中に行われます。

 

申し込みを済ませれば審査に入り、その後に契約の意思確認をして、本人確認書類の提出、契約という流れが一般的です。
そのため、申し込みをした後に審査に入れば、近い時間に在籍確認の電話がかかることになります。

 

クレジットカードなどなら数日後になるかもしれませんが、消費者金融のように審査が最短30分というところでは、申し込みをして短時間で在籍確認の連絡があることになります。

在籍確認のとき相手は何と名乗って電話をかけてくる?

在籍確認は、お金を借りるうえでとても重要なポイントです。
この在籍確認ができるかどうかで、審査に通るかどうかも決まることになります。
在籍確認ができることで、収入を得られている人と判断することができ、金融会社も安心してお金を貸すことができます。

 

この審査にとても重要な在籍確認なのですが、この在籍確認によって、キャッシングを利用しようとしているかを周囲に知られたくないものです。
消費者金融の名前で電話をかけられてしまうと、同僚が電話に出ただけですぐにバレてしまいます。
しかし、消費者金融では、在籍確認の連絡によって職場の人にばれないように工夫をして連絡をしてくれます。

 

 

 

消費者金融は個人名を名乗る

 

消費者金融での在籍確認では、担当者の個人名で連絡をしてくれます。
そのため、在籍確認によって消費者金融からお金を借りようとしていることを職場の人に知られる心配はありません。

 

初めて消費者金融などでキャッシングを利用する人にとって、本当に個人名で連絡をしてくれるのかと心配になってしまいますが、消費者金融のような貸金業者では、契約者以外の人に、契約の事実を知られてはいけないことになっています。

 

そのため、在籍確認の電話でも、担当者は細心の注意を払い連絡をしてくれます。
初めて利用するときには、どうしても不安になってしまいますが、在籍確認の電話は気楽に対応することができる確認です。

 

 

銀行は銀行名を名乗る

 

消費者金融では貸金業法によって、契約者以外の人に知られないように連絡をすることになっているのですが、銀行は貸金業者ではないため、銀行での在籍確認は銀行名によって連絡してきます。
しかし、一般的に銀行からの連絡なら周囲に知られても問題ないと考えられます。
消費者金融と聞くとイメージが悪いと感じている人も多くいるのですが、銀行でお金を借りるという行為は一般的な行為であり、銀行でお金を借りるからといって悪い印象を抱く人はほとんどいません。
誰でも、銀行から融資を受けて、住宅や車などの購入をしていたり、預金や保険などで多くの人が銀行を利用していることから、銀行名で電話がかかってきたとしても堂々と対応することができます。

 

 

在籍確認では何を聞かれるの?

消費者金融では、個人名で電話をかけてくれることから、安心して対応することができるのですが、実際に電話に出たら、何を聞かれるのかという心配をする人もいるのではないでしょうか。

 

この在籍確認では、基本的に特に何も聞かれることなく終わります。

 

この在籍確認では、本当に勤務先に勤めているかどうかが大切であり、本人が電話に出ればそれだけで在籍しているという確認ができることになります。

 

一般的には、電話に出ると、フルネームで○○さんでしょうか?と聞かれ、そうですと答えると、それだけで在籍確認が終了というケースが多いようです。

「勤務先にばれてしまうケース」とは?

消費者金融では、在籍確認の連絡は細心の注意を払って連絡をしてくれるのですが、職場の人にバレる可能性はゼロではありません。

 

金融会社によっては、この在籍確認で住所や生年月日を聞いてくることもあります。
在籍確認の電話に出た人が、契約者本人かどうかの確認の為なのですが、個人名で電話をかけてきて、住所や生年月日を聞いてくるだけで、周囲の人は何の電話なのかと疑問を持ってしまいます。

 

その他のバレるケースとしては、始めに電話に出た職場の人がキャッシングの経験者なら、個人名で電話をかけてきたことで、すぐに在籍確認の電話ではないかと勘づくケース、職場の人が着信履歴で電話をかけ直した場合でもバレることもあります。
ただ、消費者金融ではかけ直しても、別の社名を名乗ったり、基本的に番号を通知しない会社も多く、バレる心配は限りなく少ないと考えられます。